お知らせ/ブログ

熟睡をして記憶力をアップさせよう

みなさん、こんにちは。川崎市にある就労移行支援事業所「ルミノーゾ川崎登戸」の高野です。

オリンピックとパラリンピックも終わり、秋の気配を感じさせる日が多くなりました。今年の夏は暑い日が多かったですが、皆様、どのように夏を乗り切られましたか?これからの時期は、寒暖差のある日が多くなりますので衣類調整等を行いながらお過ごし下さい。

今回は、しっかり睡眠を取って記憶力をアップさせる事についてお話しいたします。

記憶の定着に睡眠は不可欠

ほとんどの人が「良い眠りができて、熟睡ができれば…」と感じているのではないかと思います。良い眠りが取れずに悩んでいる人も多いのではないかと思います。

他の人から、仕事や試験で「徹夜をした」と聞いたり、自分で徹夜をしたご経験のある方もいるかもしれません。しかし、続けて徹夜をしたりすると身体への影響は大きなものがあると言えます。

学生が試験対策で、一夜漬けをして試験に臨んだりするような事を聞く事があります。まったく勉強しないよりはマシかもしれませんが、できましたら、徹夜は止めた方が良いようです。それは、記憶を定着させるのに睡眠が不可欠だからです。

短期記憶と長期記憶

記憶は「記銘→保持→再生」というプロセスからなっています。

覚えたことを蓄える保持の段階は「短期記憶」と「長期記憶」の2種類があります。
短期記憶は、一時的に記憶しておくメモ書きのようなもので、電話番号のように電話を掛ける数十秒程度の記憶から仕事で必要な情報や待ち合わせ時間等々があり、数日間、保持をします。長いものでも1~2週間が限度のようです。

短期記憶は、一旦、脳の海馬に送られます。

海馬は、記憶を整理して重要なものと重要ではないものに分けます。

重要とみなした記憶は、神経回路が脳内に定着をして、やがて「長期記憶」になります。重要ではないものに分けられた記憶は、やがて、自然消滅してしまいます。

重要な記憶のふるい分けは睡眠中に行われる

重要な記憶と重要ではない記憶のふるい分けは、夜の睡眠中に行われています。

睡眠中は、外部からの情報がほとんど入って来ない為、新たな短期記憶のメモ書きも送られて来る事がありません。
したがって、海馬は邪魔されることなく記憶をチェックし整理をします。

海馬は「関連性」で、記憶のふるい分けを行っているといわれています。

既存の記憶と照らし合わせて重要なものを見分けたり、複数の記憶を組み合わせて新たな関連性にしたり、分からなかった事を「理解」する作業を行っています。

皆さん、一晩、眠って、目覚めたら考えの整理ができていたりするような事やそれまで分からなかった事が数日後に分かるというような経験はないでしょうか?

これらは、睡眠中に海馬がせっせと働いていたお陰と言えます。

海馬が睡眠によって記憶整理の作業をするのには、睡眠の中でも深い眠りのノンレム睡眠が必要です。

ノンレム睡眠を確保するのには睡眠周期(平均的な睡眠では、ノンレム睡眠とレム睡眠が1セットになっており、時間は90分間と言われています)を2回分、つまり最低でも3時間、理想的には、その倍の6時間は必要と考えられています。

記憶力アップの為には、快眠するのがなによりも効果的と言えます。

睡眠を取った場合と取らない場合の学習の違い

実際に調査をしてみると、学習した後で睡眠を取ると半分以上は忘れてしまうものの残りは保持されると言われています。

しかし、睡眠を取らなかった場合は、半分どころか時間の経過とともにどんどん忘れ去られ、最後には9割以上が失われると言われています。

睡眠中の海馬による記憶のふるい分けが無い為、当然の結果とも言えます。

徹夜での一夜漬けは、当日のテストには、ある面、効果を発揮しても、その先の別の試験等には9割以上の記憶が失われてしまう為、余り、役立たないと言えます。

起きている間、脳を活動させるたびにドーパミンが使われています。徹夜のままで試験に臨むと試験の最中に脳内のドーパミンが不足した状態になってしまいます。

そうなると集中力や思考力が落ちてしまい、徹夜で覚えた事も過去に定着させた記憶も取り出す事がままならなくなってしまいます。

したがって、記憶を定着させ上手に再生をしたければ、しっかり睡眠を取った方が良いと言えます。

なかなか眠れない…。目覚めても疲れが取れない…等々、睡眠について悩まれている方も多いのではないでしょうか。参考にして頂ければと思います。

ルミノーゾ川崎登戸に興味を持たれた方へ

ルミノーゾ川崎登戸は、川崎市の方はもちろん川崎市以外の方も利用できます。

川崎市、横浜市、相模原市、厚木市、大和市、海老名市、座間市などの神奈川県の方

町田市、稲城市、狛江市、多摩市、立川市、調布市、八王子市、世田谷区などの23区の方も利用できます。

PC・スマホから見学のお問い合わせ・資料請求・質問等を受け付けております。365日24時間受付をしております。お気軽にご相談ください。

電話でのお問合せは044-299-9622までどうぞ。月曜日から土曜日の9時から18時まで受付をしております。

2021年10月の予定

プログラムやグループワークは体験でもご参加いただけます。
気になるプログラムがありませんか?
見学・体験はメールや電話でご予約いただけます。お気軽にお問い合わせください。
一緒に就職へ向かっていきましょう!

オンラインでの事業所説明会を、10/5(火)、10/21(木)に実施します。
詳細は、「【就労移行支援事業】オンライン説明会を開催します!」を御覧ください。


10月 1日(金) 軽作業 メンテセット

10月 2日(土) ZOOM講義「お掃除と健康〜3つのポイントで環境改善〜」

10月 4日(月) スーツディ

10月 5日(火) 創作活動「レジンでストラップ」

10月 6日(水) ウォーキング

10月 7日(木) ロールプレイ「職場でのコミュニケーション」

10月 8日(金) 睡眠ライフフィットネス

10月 9日(土) タイピング検定

10月11日(月) ビジネスGW

10月12日(火) 軽作業 拭き掃除

10月13日(水) ウォーキング

10月14日(木) 創作活動「レジンでストラップ」

10月15日(金) ロールプレイ「職場でのコミュニケーション」

10月16日(土) カウンセリング

10月18日(月) ZOOMヨガ「秋の自律神経を整える」

10月19日(火) 健康生活管理ワーク「睡眠」

10月20日(水) 避難訓練

10月21日(木) 軽作業 ホワイトボード整理

10月22日(金) トーキングゲームorアンガーマネジメントゲーム

10月23日(土) レクレーション

10月25日(月) パソコンGW

10月26日(火) 健康生活管理ワーク「睡眠」

10月27日(水) ウォーキング

10月28日(木) 軽作業 ミサンガ

10月29日(金) トーキングゲームorアンガーマネジメントゲーム

10月30日(土) P検試験

お電話での問い合わせ時間は9:00-18:00となります。

ご自宅からの個別相談を受け付けています。
詳細は、「新型コロナウィルス対策およびオンライン個別相談のお知らせ」を御覧ください。

ルミノーゾ川崎登戸は、一般社団法人ルミノーゾが運営しています。

ルミノーゾグループの就労・資格取得実績は以下のとおりです(2021年9月30日現在)

【就労実績(2020年10月1日から2021年9月30日)】34名

【職場定着率(令和元年度)】88.4%

※就職後6ヶ月間の職場定着率

【資格取得者数】631名(累計)

障がいと仕事に関する最新情報をメルマガで配信しています!

事業所案内

ルミノーゾ川崎登戸
事業所名 就労移行支援事業所
ルミノーゾ川崎登戸
電話番号 044-299-9622
受付時間 月~土曜 9:00-18:00
住所 川崎市多摩区登戸2698
クレール向ヶ丘2階
アクセス 向ヶ丘遊園徒歩2分、登戸徒歩7分
川崎市指定
事業所番号
1415401049

事業所案内/アクセスはこちら

利用開始までの流れ

STEP01
STEP1 お問い合わせ

お問い合わせ

電話やメールでお問い合わせください。詳しい資料をお送りします。

STEP02
STEP2 見学

見学

日程を調整し、実際に見学いただきます。事業所やスタッフの雰囲気を見て頂き、お話をお伺いいたします。

STEP03
STEP3 体験・面談

体験・面談

ご自身の都合にあわせて、プログラムを体験。昼食(無料)もお召し上がりいただけます。

STEP04
STEP4 手続き

手続き

利用を決めたら、お住まいの役所で手続きを行います。不安な方はスタッフが同行いしますので、ご安心ください。

STEP05
STEP5 ご利用開始

ご利用開始

事業所と利用契約を結びます。あなたにあった利用計画を相談しながら1つずつ決めていきます。

ぜひ、ルミノーゾ川崎登戸に
ご連絡ください!

\ お電話からもお気軽にご連絡ください! /

044-299-9622

受付時間 ⽉〜⼟ 9:00-18:00(日 休)

ルミノーゾは3事業所を展開しています

全国に繋がる
就労⽀援ネットワーク

ルミノーゾ川崎登戸は一般社団法人社会福祉支援研究機構に加盟しております。
同機構に加盟する就労移行支援事業所は全国で多くの就職実績を出していますので、安心してご利用ください。

社会福祉支援研究機構のサイトはこちら

  • アクセス
  • googlemap
  • 電話をかける

Facebook公式ページ

Twitter公式ページ