お知らせ/ブログ

イライラはどこから?怒りのメカニズムを知って笑顔を増やす。アンガーマネジメント

こんにちは。
神奈川県川崎市にある就労移行支援事業所「ルミノーゾ川崎登戸」のスタッフ、まんじです。

人はなぜ怒るのでしょう?
怒りは何のためにあるのでしょう?
怒りを感じるのはダメなのでしょうか?

ルミノーゾで行われたアンガーマネジメントの講座から、2回に渡ってレポートします。

アンガーマネジメントとは、怒りの感情と上手に付き合うための心理トレーニング。心配や不安なことの多い世の中を笑顔で乗り切るヒントが詰まっています。まずは「怒り」とは何か、その正体やメカニズムを知り、笑顔で過ごす一歩にしたいと思います。
このスキルは、就活、就職、職場や家庭でのコミュケーションにも役立ちます。

怒りは自然な感情(怒りは感じていいもの)、必要なのはコントロール

アンガーマネジメントで目指すのは怒る必要のあることは上手に怒れ、怒る必要のないことは怒らないようになることです。
全く怒らないようになることではありません。
アンガーマネジメントは、怒る必要の有無を判断したり、上手に線引できるようになることを目指すものです。

さて、取り憑かれると厄介な「怒り」。これは何のためにあるのでしょう?

怒りは感情表現

怒りは、人間にとって自然な感情の1つです。
怒りのない人はいないし、なくすことも不可能です。
あまり怒らない人は、怒りの感情を表に出していないだけなのです。
怒りは自然な感情。怒りの感情をもっていることは悪いことではないのです。

怒りの機能・役割

怒りは身を護るための感情「防衛感情」です。

例えば、横断歩道を渡ろうとしたとき。青信号だったのに、車が猛スピードで侵入してきた!こんな時、怒りが湧き上がってくることも。これは身体を守るために反応しているのです。

また、誰かに嫌なことを言われたときの怒り。
これも人格否定され、心を守りたくて感じる怒りです。

心と身体を守るために備わっている感情が、「怒り」なのです。

ただし、「怒り」は喜怒哀楽の中でも大きな感情で、扱い方を間違えると人間関係にヒビが入ったり、仕事をやめるなど、人生を変えてしまうことも起こりえます。
そうして後悔しないために、アンガーマネジメントがあるのです。

自分の「べき」=理想や価値観が裏切られた時、人は怒りを感じる

人を怒らせるものの正体は何でしょう?
「信号は守るべき」
・・・車が進入してきてイラッと
「時間は守るべき」
・・・電車が遅れて間に合わない→イライラ
・・・急いでいるのにパソコンが更新されてなかなか立ちあがらない→イライラ

このように、価値観、大切にしている考え方が怒らせるものの正体。
「べき」が破られた時、怒りを感じます。

あなたの「べき」は何でしょう?
大切にしたい価値観は、生活の中に沢山潜んでいます。生活を振り返ってみると「べき=価値観」が見えてきます。
その中には、自分にとっては大切にしているけれど、他人にはないものも。

  • あなたが大切にしている「べき」は、相手にとっても大切なことなのか?
  • 怒りを感じた時、いま、守りたかった「べき」は何だったのか?

振り返ってみてください。

怒ったことを分析せず書き留めておく「アンガーログ」を使って、ご自身の怒りを客観視してみるのも大切です。
《アンガーログの効果》

  • 怒りの傾向を知ることが出来る
  • 傾向を知ると対策が立てられ、不要な怒りが避けられる
  • その場で書き留めることで冷静になれる

怒りが生まれるメカニズム

「べき」が裏切られたらかと言って、いつも怒るわけではないですよね。

ライターは火花が散って、ガスが送り込まれると、火が出る仕組みです。怒りの発生もこれと似ています。

「べき」が裏切られた時、ライターのスイッチが押され火花が出ます。
その時、「疲れた」「心配」「打ちひしがれた気持ち」「不安」「辛い」「体調が悪い」などといった、悲しいことや辛いことなど、ネガティブな感情や体調が溜まった状態だと怒りが生まれるのです。

元気なときはガスが少ないので、怒りは生まれにくいです。

  • 理想と現実のギャップ(「べき」が裏切られる)(火花)
  • 自分の中にマイナスな感情や体調がある(ガス)

この2セットで、怒りが生まれるのです。

体調管理もアンガーマネジメントに

身体のメンテナンスをするだけでも、感情コントロールにつながります。

  • 睡眠をよく取る
  • 3食食べる
  • 休日はリフレッシュする

など、日常を大切に過ごすのもアンガーマネジメントの一環です。

(関連記事)
怒りの衝動を抑える4つの方法。今日から実践で笑顔を増やす。アンガーマネジメント

ルミノーゾ川崎登戸に興味を持たれた方へ

ルミノーゾ川崎登戸は、川崎市の方はもちろん川崎市以外の方も利用できます。

川崎市、横浜市、相模原市、厚木市、大和市、海老名市、座間市などの神奈川県の方

町田市、稲城市、狛江市、多摩市、立川市、調布市、八王子市、世田谷区などの23区の方も利用できます。

PC・スマホから見学のお問い合わせ・資料請求・質問等を受け付けております。365日24時間受付をしております。お気軽にご相談ください。

電話でのお問合せは044-299-9622までどうぞ。月曜日から土曜日の9時から18時まで受付をしております。

2022年5月の予定

プログラムやグループワークは体験でもご参加いただけます。
気になるプログラムがありませんか?
見学・体験はメールや電話でご予約いただけます。お気軽にお問い合わせください。
一緒に就職へ向かっていきましょう!

オンラインでの事業所説明会を、5/21(土)6/7(火)6/25(土)に実施します。
詳細は、「【就労移行支援事業】オンライン説明会を開催します!」を御覧ください。


5月 2日(月) 軽作業「郵送物封入」/人狼ゲーム

5月 3日(火) 五反田川こいのぼりウォーキング

5月 4日(水) 事業所対抗クイズ王決定戦/プロに学ぶ写真撮影術

5月 5日(木  天気予報ボード作成

5月 6日(金) プレゼンテーション入門

5月 7日(土) いちご狩り

5月 9日(月) タイピング検定模試/ヨガ「心身すっきりリフレッシュ」

5月10日(火) 軽作業ミサンガ

5月11日(水) ウォーキング

5月12日(木) 創作活動「多肉植物寄せ植え」

5月13日(金) ゲームで磨くチームワーク

5月14日(土) OBOG会/カウンセリング

5月16日(月) 軽作業「便箋作り」

5月17日(火) 健康お悩みトーク会/PC講座

5月18日(水) SPウォーキング「生田緑地展望台」

5月19日(木) 創作活動「多肉植物寄せ植え」

5月20日(金) ビジネスグループワーク「電話対応」

5月21日(土) タイピング検定

5月23日(月) PCグループワーク「掲示物作成」/PC講座

5月24日(火) ライフフィットネス/疲労回復

5月25日(水) ウォーキング

5月26日(木) 軽作業「便箋作り」

5月27日(金) トーキングゲームorアンガーマネジメントゲーム

5月28日(土) P検

5月30日(月) 軽作業「ピッキング」

5月31日(火) ペン字練習

お電話での問い合わせ時間は9:00-18:00となります。

ご自宅からの個別相談を受け付けています。
詳細は、「新型コロナウィルス対策およびオンライン個別相談のお知らせ」を御覧ください。

ルミノーゾ川崎登戸は、一般社団法人ルミノーゾが運営しています。

ルミノーゾグループの就労・資格取得実績は以下のとおりです(2022年4月30日現在)

【累計就労実績(2019年4月1日から2022年4月30日)】104名

【年間就労実績(2021年5月1日から2022年4月30日)】36名

【資格取得者数】769名(累計)

障がいと仕事に関する最新情報をメルマガで配信しています!

事業所案内

ルミノーゾ川崎登戸
事業所名 就労移行支援事業所
ルミノーゾ川崎登戸
電話番号 044-299-9622
受付時間 月~土曜 9:00-18:00
住所 川崎市多摩区登戸2698
クレール向ヶ丘2階
アクセス 向ヶ丘遊園徒歩2分、登戸徒歩7分
川崎市指定
事業所番号
1415401049

事業所案内/アクセスはこちら

利用開始までの流れ

STEP01
STEP1 お問い合わせ

お問い合わせ

電話やメールでお問い合わせください。詳しい資料をお送りします。

STEP02
STEP2 見学

見学

日程を調整し、実際に見学いただきます。事業所やスタッフの雰囲気を見て頂き、お話をお伺いいたします。

STEP03
STEP3 体験・面談

体験・面談

ご自身の都合にあわせて、プログラムを体験。昼食(無料)もお召し上がりいただけます。

STEP04
STEP4 手続き

手続き

利用を決めたら、お住まいの役所で手続きを行います。不安な方はスタッフが同行いしますので、ご安心ください。

STEP05
STEP5 ご利用開始

ご利用開始

事業所と利用契約を結びます。あなたにあった利用計画を相談しながら1つずつ決めていきます。

ぜひ、ルミノーゾ川崎登戸に
ご連絡ください!

\ お電話からもお気軽にご連絡ください! /

044-299-9622

受付時間 ⽉〜⼟ 9:00-18:00(日 休)

ルミノーゾは3事業所を展開しています

全国に繋がる
就労⽀援ネットワーク

ルミノーゾ川崎登戸は一般社団法人社会福祉支援研究機構に加盟しております。
同機構に加盟する就労移行支援事業所は全国で多くの就職実績を出していますので、安心してご利用ください。

社会福祉支援研究機構のサイトはこちら

  • アクセス
  • googlemap
  • 電話をかける

Facebook公式ページ

Twitter公式ページ